2018年06月

2018年06月28日

車の運転うまいヘタ

車の運転が上手な人というのは
気が利く人だと思いますね。
いわゆる操縦テクニックよりも空気が読める人ですな。

ヘタッピな人というのは
「今ここに停めたら邪魔かな?」とかね
「自分がこうしたら相手が通れるな」というのが判らない。
考えない。気づかない。
こういう人を下手くそと言うんですね。

皆さんも日々、経験がおありかと思いますが、
たまに「なんでこーする?」
みたいな人おりますよね?

やっぱりねぇ、世の中気遣いですよ。
自分も気を付けていきたいもんです。

今年のテーマは「気遣い」。
今ごろか!(笑)

mifuonaigamaku at 12:24コメント(2) 

2018年06月18日

映画館の思い出

1980年代の頃まで、高知市内にはたくさんの映画館がありましたねぇ。

★とでん西武百貨店内の土電ホールとテアトル土電
(なんと2つも入ってた)
ブルースリーに熱狂し、「エクソシスト」に震えあがり、「未知との遭遇」で驚愕し、
「スターウォーズ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に街中がお祭り騒ぎでした。

★ポポロ東宝/東宝会館

★高知東映
まんが祭りに沸いとりました。
★東映パラス
「酸拳」に度肝をぬかれ、「ET」に衝撃を受けました。

★高知松竹/松竹ピカデリー(一番小さかったですな)
おなじみ寅さんですねぇ。
たしかスーパーマンを貸し切り状態で見た記憶が・・・
(なぜかガラ空きのタイミングで)

中でも土電や東宝は今じゃ考えられない2階席なんかがありました。
贅沢な造りでしたね。それだけ映画で人が入ってたんですな。
大盛況の映画は立ち見でしたね。
今なら「同じ料金でなんで立ち見やねん!」って文句出ても当然ですよねぇ。

あとオフシアター系で今も頑張っているあたご劇場。
そして上町5丁目(電車通り南側)にも名画座というイイ感じの場末感漂う映画館がありました。
知ってる人どれだけいるでしょうか?

笑えるシーンでは劇場内がドっと爆笑にわいたりしてました。
もう何十年も劇場で爆笑が起こるなんて経験してませんなぁ。
今そういう映画が減ったせいもあるし、見る機会が減ったのかもしれませんが。
今でも爆笑が発生したりするのかな?

今は客席が確保されて立ち見する事なく見れます。
でも当時はその代わり2本立てで一度に2つの映画がセットで見れたり
退場しなければそのまま繰り返し見るなんて事もできましたね。

時代と共に様変わりはしましたが、やっぱり本当は映画は映画館で見るのが一番。
これは今も変わりませんな。

mifuonaigamaku at 19:45コメント(2) 

2018年06月10日

★ハワイアン

6月10日(日)
ハワイと言えばロコモコよりもマカダミアナッツよりも
これ、ガーリックシュリンプ(¥1000)
DSC_1414

東南アジアの香辛料とはまた違うほのかな香りに
ニンニクとオイリーなテイストが最高にマッチングしております。
DSC_1416

このエビがプリンプリンして美味しいねぇ。辛くはないですよ。
DSC_1418

ハワイアンエビフリャーもあります。こちらはレモンを絞って。
DSC_1415

サラダも美味しいわ。
DSC_1417

写真撮るの忘れたけど、
食後にココナッツ風味アイスコーヒーを試飲に出してくれて
これが今までに味わった事のない美味しさでした。
ココナッツの風味とコーヒーの香ばしさがクセになりそう。
トロピカル気分満点。
DSC_1413

リゾート気分を盛り上げるドリンクも色々試したいですなぁ。
ライオンコーヒーが気になるね。
DSC_1411

オネェさん一人で頑張っているので注文はオーダーシートに記入して
できたら取りに行くセルフサービスとなっております。
海沿いのおしゃれなお店はこれからの季節よさそうですよ。
DSC_1412

一昨年の秋に来た時は、その冬に営業するかも未定で
試験的営業だったのか、まだこんな仮設テント風だったのですが・・・
IMG_0893

今はこんなにちゃんとしたお店になっておりますよ。
雨なのが残念ですが、天気のいい日は海に似合って鮮やかでしょうな。
DSC_1421

あいにくの雨ですが、今度ぜひ青空をバックに撮りたい可愛い看板です。
DSC_1420

こういうお店はやっぱり快晴が似合います。

DSC_1419
僕のお気に入りワイハーパラダイス。
ごちさま~。

Garlish (ガーリッシュ)
高知市仁井田(新港から西へ車で約2~3分の左手)
Pあり


mifuonaigamaku at 16:12コメント(1)高知の外食 

2018年06月05日

★うどん

6月5日(火)
オーソドックスな肉うどん(¥580)
やや甘めのスープが絶品。
DSC_1407

麺はコシというより手打ちの素朴感。
手作り感があって結構ですな。
DSC_1408

こじんまりした店内は
他7名の客で賑わう人気店。
DSC_1406

ここは久礼。大正市場の外れの田舎道。
ひっそり佇む伝説のうどん屋。
DSC_1405

故あって立ち寄りました。
DSC_1404
讃岐というお店であります。
こんな所にこんな店。
ごちさま~。


mifuonaigamaku at 20:19コメント(2)高知の外食 
プロフィール

めしちゃり

散策大好きおじさん。
地味な店とおもしろポイント捜索マニア。
お酒はまったく飲めないゲコゲッコー。
なので写真もレオパードゲッコー。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
記事検索
  • ライブドアブログ