2018年05月13日

宇宙人っておるのかな?

誰もが思いますよね。
どんどん宇宙への探索も日進月歩しております。
我々がいる銀河系だけでも、端から端まで10万光年あるそうですよ。
光の速さでも10万年ですわ。
ダウンロード
この写真のような全体像を見るには
ものすごく離れないといけませんね。
つまり僕らが子供の頃から映画やアニメや図鑑なんかで見る
銀河系の姿っていうのは、あくまで想像図なんですな。

さて、そこでよく言われるのが
「こんだけ宇宙広いんやから、そらどっかに宇宙人おるやろ」
という話です。

これについて僕はずいぶん前にどっかで読んだ、
どっかの科学者が述べていた理屈に納得しておりました。
それは「おるかも知れんけど、同時におるとは限らない」
というものです。
images
この手の話には距離(広さ)だけが要素になっていて
時間の概念が外れてるんですな。
宇宙においては数百年、いや数万年ですら、
あっちゅー間の事なので
ほんのちょっとタイミングがずれたら
一方はまだミドリムシだったり
あるいはとっくに滅亡してたり。
なかなかマッチングは難しいよという事です。

限られた時間の範囲内で、奇跡的にどちらも
高度な文明を持つ知的生命体として存在し、両方が出くわす。
ね?物凄く確率が低いというか、ちょっと無理のような気もします。

今から40年ぐらい前、高知市の介良で中学生たちが
田んぼで小型UFOを捕まえた事件がありました。
物凄いミラクルだったのかも知れない。


mifuonaigamaku at 07:19コメント(2) 

コメント一覧

2. Posted by めしちゃり   2018年05月16日 13:07
mitanimomoさん、いらっしゃい。
宇宙人、おった方がそりゃまぁ面白いんですがねぇ。介良事件は昔は「木曜スペシャル」でも取り上げられたり、UFO関連の本にも載ったりしてたぐらい有名ですよ。
1. Posted by mitanimomo   2018年05月14日 04:25
夢の無い話ですが私は居らん思てます。

介良の件全然知りませんでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

めしちゃり

散策大好きおじさん。
地味な店とおもしろポイント捜索マニア。
お酒はまったく飲めないゲコゲッコー。
なので写真もレオパードゲッコー。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
記事検索
  • ライブドアブログ