2018年05月30日

マイクロ怪獣

2週間くらい前にカマキリの赤ちゃん見つけて、飼ってみたんですよ。体長15ミリぐらいの。 DSC_1383
こいつら、このまま7時間ぐらい動きません。 昆虫って植物が捕食能力を持ったようなもの、という説が分かる気がします。必要なければ動かない。 でも霧吹きで水かけると、頭を伏せて犬や猫みたいにちゃんと水飲むんです。これがなんとも可愛らしいんですね。 エサに生きたカゲロウを与えたらガッシと襲いかかって食べます。30分したら羽だけ落ちてて、跡形もなく完食。 小さくても肉食プレデターですな。 僕は以前から他の昆虫の中においてカマキリの特異性に注目しておるのです。 それは何かというと、一つはこやつらはちゃんと腕があり、それらを意識して使うという点です。 成虫なんかはチョッカイ出したりすると、両の手のカマを振り上げ「やるんかコラァ!」と威嚇するんですな。 images
考えてみてください。他の虫はただ移動する際にシャカシャカと反射的動作をする足があるだけでしょ?コイツみたいに意思表示をする為に使う虫がいますか? カマキリだけ昆虫の中でなんか浮いてるんですよ。 そしてもう一つはちゃんと頭を動かして、状況把握をする点です。 こんなちんまい奴でも、僕が顔を近づけたりしたら、クルっと振り向いて明らかにこっち見てるし。 昆虫で「こっち見てる」なんて思えるのもカマキリぐらいじゃないでしょうか? まぁ、あくまでも素人昆虫観察なんで、専門家に言わせたら大した事じゃないかもしれませんがね。 地球上の生物の中で昆虫は宇宙から来たなんていう説もあったりして、ホントかも知れませんね。 大きくなったら怖いから逃がしました。

mifuonaigamaku at 17:59コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

めしちゃり

散策大好きおじさん。
地味な店とおもしろポイント捜索マニア。
お酒はまったく飲めないゲコゲッコー。
なので写真もレオパードゲッコー。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
記事検索
  • ライブドアブログ